読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SNSに自分のことを書くデメリット

状況が、ぴったり同じ人はいない。


誰かの日常が、ある人には自慢に、ある人には見下す対象になり得る。


そんな意図はなくても。



いいことをアピールしなさすぎて、暗いことばかり書いてたら、見下されたり軽んじられるだろうし、いいことを書いていても自慢ととられる場合もある。芸能人ならいいんだろうけど(芸能人でもあるとは思うが)、身近な人と自分を、人は比べたがる。
いや、瞬時に無意識のうちに比較する。そして優越感や敗北感を少なからずあじわってしまう。







例えば、テストで95点なら、何も気にせずにいられても、35点では、同じような点数の人はいないか?とか、あの人は89点かー、と、人の点が気になってしまうだろう。



持たざるものは、持てるものに嫉妬する。
持てるものは、それに気づかない。



そして何もかもが同じスペックの人はいない。
本当は、人より優れてたり劣ってたり両方の部分を持ち合わせているのに、人から見れば、隣の芝は青く、優れたところしか見られなかったりする。
そして、嫌な感情を持たれる。



沈黙は金、なのかもしれない。



知り合いのいないブログで嫌な気持ちを持たれても、接点のない人同士なので大したことではないが、知り合いたっぷりのSNSで嫌な気持ちを持たれることは、SNSを続ける意図と真逆の結果を招いてしまう。



人は、知り合いのSNSに、瞬時に優越感や嫉妬心を感じてしまうものだ。
SNS に載せる情報とご利用は、計画的に。