大さじの普遍性

大さじ1とかの、大さじ。
いっつも薄っぺらくてすくいにくいなぁと思っていた。そもそもスプーンなのになぜにあんなに薄いんだ。
100均でぷっくりしたかたちの大さじ・中さじ・小さじ・小さじの半分・そのまた半分のセットを見つけた。
使ってみると、ぷっくりした底にお砂糖とかが溜まって出てこない。
いつものあの薄っぺらい大さじでは、出てこないなんてこと1度もなかった。寧ろ、薄っぺら過ぎて、留まるような引っ掛かりもない。
また、スプーンの裏側と柄の境目も薄っぺらいが故にあっさりしているので、そこにも何も留まらない。
至極、理に叶った計算された美しいかたちだったのだ。

幾度となく不思議に感じていた薄っぺらいかたちの大さじであるが、やはり普及しているもの、長年使われているものには、そのかたちである理由があるのだなーと感心した一夜でした。

かたづけ

片付け。
片付け。
カタヅケ。
長年、「カタヅケ」だと思っていた。
何の疑問も持たずに。
今、ひらがなで書くとしっくり来る、という意味もない私のいわゆる「マイブーム」で、「かたづけ」と明記してみて気付いた。
「かたをつける」の名詞形ね。
「かたをつける」ことだったのね。
「のりづけ」が「のりをつける」の名詞形のように。
「カタヅケ」だと、やりたくないな~。
と、思っていたけれど、「かた」はつけたいなぁ。
すっきりしたい。
漢字って短く書けるし意味もそのままぴったりだし便利だなーと思ってきたけれど、ちょっと日本本来の語感と違う当て字もあるのかもしれない。

話はもどり、…いや脱線。
「もどり」の「もどる」だって、「もど」と「る」に分かれて、「もどす」➕「現在進行形」だと思う。「てんぱる」「告る」「パクる」「はしょる」「モスる」「きょどる」も似てる。
「そのまま」も「その」➕「まま」。
状態を表す「まま」と「その」。


ようやく戻って、かたをつける行為は格好いい行為ですよね。勇んでやれそうだし、終わっても責任感や満足感を感じる。かたづけに持ってたイメージとまるで違う。
かたづけを取り仕切れるのってなんかかっこいい♪
片付けをひらがなで書くことで私的にプラスのイメージが付加されました。

ひらがなしっくりくる。

やまとびと。

大和人かやまとじん、より、やまとびと、の方が理解がしやすくしっくりかるし腑に落ちる。

音読みより訓読みの方が日本人にはしっくりくるのではないだろうか。

過去をこえろ

過去、つらい事があった時からずっと、過去ばかり見て来た。
つらい時にそれに振り回されて誤った判断をしないように思いとどまった。
と、思っていた。
少なくともその時は。
でも違った。
一回越えればいいんじゃなかった。
判断は続いてく。
毎日毎日の、生活の、中で。
それが、生きていくということの紛れもない事実。
つらい気持ちを歌った歌や物語に共感し癒される度に、「自分だけじゃない。」と知った。つらい気持ちを知ることで、共鳴し、癒される部分はある。
でも、それだけじゃダメだ。
やっぱり、暗い気持ちから芽生えたモノは暗い。
共鳴こそすれ、ヒカリを新しく産み出す物ではないと思う。
自分の中にもヒカリと暗さ両方あると思う。
フォーカスするのは、ヒカリに。
ヒカリにしよう。
過去に色々あった。
色々あったから生み出せるモノもきっとあるだろう。
けど、過去の自分の嫌だった記憶に、私の人生の舵取りを支配されたくはない。
嫌だったことは嫌だったことの箱に、そっと、しまっておく。
そして、時々振り返ってみれば、きっと今まで見た映画や小説や歌の歌詞のように、経験が増えるに連れ、その色合いや意味は変わっていくのだろう。

嫌だったことも私の一部だから、それを踏まえての判断も間違いじゃ無いのかもしれない。
けれど、私の身体がそれを嫌がっている。
きっと。
きっと、それがあったから今がある、という美談にパーツとして組み込みたくないのだろうと思う。
それが、あっても無くても私はこうだった。というのを現実にしたいのだ。
それを、私は求めていない。
嫌だった記憶なのだから。
それに、惑わされたくもないし、関心も持ちたくないし、一ミリだって動かされたくないのだ。私を。
私はそれに動かされることを許さない。断る。
ただ、それだけ。

そして元々歩みたかった道を歩こう。
お供は、強くなって帰って来た自分と。
仲間は今の家族。
自分自身がガイドでプロデューサーで援助するサポーター。

人が信じてたからって自分も信じるのは、辞めよう。
いい、大人なのだから。
私は、私の、判断力に、考え方に、良いと思う事に準拠します。
私は、私の、良心に基づいて行動します。
それは決して人に教わったことの通りではありません。
教わった中で、良かれと思うものは良いとし、人の意見では良い行いでも、自分の判断と違ったら、自分の判断力を信じます。

ドラえもんについて

のび太は出来がわるい。
出来がわるいけど優しいし友達思い。そして初対面の生き物に親切。
のび太はいつも失敗ばかりだけど、ここぞというときは失敗しないし、いつもハードルを下げに下げているだけに、期待もされていないから、普通にしっかりやってくれるだけで、「スゴい!!!」となってGAPが凄い。
ドラえもんのび太はちょくちょく昔に行って世の中を変えているから、本当はもう時空パトロールに捕まっててしかるべき。
スネ夫は憎たらしいけど、情報や知恵も持っていたり、何かに気づくのが早かったりする。ジャイアンは力強くて、平和なときはジャイアンが強敵だけど、いざ有事の時には最強の力強い味方。しずかちゃんは可愛い。
のび太にとって最強のメンバーでは。
結構バランスの良いパーティーなのでは。

のび太はいつもは落ちこぼれでやる気もなく得意なこともあやとりしかない。

そんなのび太が、ドラえもんがいることで皆より遠くに行けたりいい思いができ、自分で頑張らなくても優越感が持てて劣等感を無視できる物語。






誰しも失敗したり、自分に自信のないときもある。




そんな誰もが、劣等感を刺激されずに、主人公ののび太目線で、励まされいやされる、処方箋のような、都会のオアシスのような、オレだけの優しい彼女のような、おふくろさんのような、砂漠で見る蜃気楼のような、日常生活からの小休憩のような、夢みたいなプレゼントのような、安心して見られる物語なのである。ドラえもんは。


誰しも大切にされたい願望がある。
それを、赤ちゃんのような自分(のび太)でも受けられる、そんな疑似体験の物語である。





だから、そんな、夢みたいな物語であるアニメを、アニメばかりを見て生きてしまっては、世の中の見方が変わってしまうかもしれない。日常生活あっての、小休憩。そのバランスを忘れずに、日常生活に取り組んで行きたい。そして子供も、やっぱりアニメやTVばかり見ていては、ダメだ。と悟った、ドラえもんに関する思いを巡らせてみたこと、でした。















そして、誰もが誰かに頼って楽に生きていきたいはず。(そうじゃない人もいるかもしれない。)
でも、頼る側は、楽で楽しいけど、頼られる側は、大変かもしれない。。
でも、自分も凄い人や優しい人が、好きなように、周りの人だって、誰かに頼らないと立てないような不安定な人より、安定して自立して、周りにお裾分けできるくらいの人が好きなのだ。
いつも、優しくていい人のフリを演じるのはツラい。
でも、確信犯で、ちょっとツラくても、そういう頼りになる人になってみたい、やってみよう、っていう素直な子どもみたいな気持ちも、大切かもしれない。
勿論、不特定多数の為に自分のキャラクターの為にではなく。
好きな誰かの為に、自分自身楽しむ為に。
そういう、自分の持ってる能力のシェア、って子どもの時に感じたわくわくの延長と思う。

ソレ、やってみよう。
失敗しても、いいから。


そして、弱い者でも受け入れられて認められる世界、そんな世界が人は好きなのかもしれない。
魚が群で動いて全体の生存率を上げているように、人も色んな人を認めることで、全体の生存率を上げる、という意思が働いているのかもしれない。

配送業はどうあるべきか

ちょっと前から問題になっている配送の問題。
安くて早くてとってもありがたい❤
と、思っていたけれど、一方でストレスが見るからにたまっていそうな感じ、そして粗っぽい運転に小さいこのいる家庭としては、危険を感じていました。めちゃめちゃ感謝もしているんですけどね。ありがたいと同時に、大変そうでもあって、そして運転は心配。なので、今話題の配送時間の縮小とか、とてもいいと思う。私の提言。



☆急ぐ便と遅くてもいい便に分け、料金を変える。


今は、急がない物まで早く届けて頂いている。
それはありがたいし、業者への信頼は増すが、配送する方にその分の負担が増えていると思う。
急ぐものは、お金を払ってでも急いでもらいたいし、急がないものは、いつでもいいくらいのものまである。

いつでもいい便→   100円の値引き
3日以内に届く→    基本料金
特急→翌日には届く→ +300円~600円~1000円

か、いつでもいい便を基本料金にし、それより早いのは基本課金していく。

本当に急いでいるものは、お金に糸目をつけないでいいくらい焦っているので、1000円でも何でもホイホイ払うと思う。それぐらいありがたいことだし。
それに、払いたくなければ、計画的に頼めばいいだけ。そういう、時間を考えて前もって考えるっていう部分の時間の負担を、配送を頼む側が本来負担すべきだと思う。

ネットのゲームとかでホイホイ100円とかを消費するのに比べれば、ちょっと早い実益の為に100円払うとか、ぜんぜん払えると思う!!


☆各家に宅配ボックスを配置することを義務化(笑)

これは長期的目標で、すぐには無理だと思うけど、人がいないと帰らないといけないって部分が、仕事を滞らせていると思う。

☆コンビニ受け取りを簡単にする

「荷物のコンビニ受け取りです。番号は○○○○○○○○です。」というくらいで受け取れるようにする。

☆再配達を減らすため、最初から営業所留め、の選択肢を増やす

絶対最初から受け取れ無さそうだな~😫って送ってみてる人いっぱいいると思う。そして、一回持ってきてもらってからの、再配達連絡票をゲットしてからが、受け取り♪って方、いると思う。だから、はじめから一回持ってきてもらわずに、営業所留めにしといて、こちらの都合のいい時間を知らせる機能を使えるようにして欲しい。









急いでそうだから、目を瞑ってたけど、携帯📱しながら運転してたり、道を飛び出してくる配送業者の車、あります。本当に危険です。運よく、今は事故ってなくても、事故る要素満載の方います。


だから、本当に、社会全体で考えて対処していかないと、なところまで、ストレス・負荷がかかってきていると思います。


スマホ・インターネット・通販の普及で、インフラのようになってきている配送業者。毎日街で見かける配送業者。


量が増えてきているからこそ、質を下げて、遅い配送に変えていくべきだと思う。
早い配送には、高い料金を取るべきだよ。


そして、ストレスを減らし、お昼ご飯も食べ、携帯を運転中には使わずに、安全でありがたい配送業者として、毎日幸せに暮らしてほしい。


他の人の為に、無理しすぎっす(T-T)

CHARAがほぼ50歳になってた

YUKI が45歳って知って調べたら
CHARAは49歳
久本雅美はほぼ60歳
わかーい時から知ってためっちゃ活躍🌱してた方々が結構なお年になってる😲ぱちくり

若いとき思ってた、50歳のイメージとか45歳のイメージと違う〰!!!

最近知り合った45位の方の若いときのイメージが湧かなかったんですけど、YUKIと同世代ね💕❤
めっちゃ雰囲気わかってきたー👍👍👍
思ってたより若いじゃ~ん😊💕

知らないと思うけど…とか前置きされちゃうと、そ、そ、そんな??そんなに違いますかね??と思ってたけど、、カラオケも、、聖子ちゃんとか??と思ってたけど、ぜんぜん違う~♪
YUKIでいいんじゃーん♪
ぜんぜん変わらないじゃーん!!


あーーーーーーー良かった♪☺☺☺☺☺☺☺👍


先を走る先人がカッコよく歳を重ねてってくれて、そして若いときと生き方を変えないでいてくれてることに、心の底から嬉しい。励まされるの。歳だからって諦めないで自分も貫いてこうと思う。感謝!

好きか嫌いか言う時間~生活保護費~

生活保護がなきゃ、生きていけない人は私はもらっていいと思う。そうじゃなきゃ死ねって言っているようなもんで、国が自殺を問題視したり、生活困窮による心中の他殺を罰しているのに矛盾する。

でも。

フリーライターで稼げないから生活保護受けてる方が番組で紹介されていた。

それ、掛け持ちでバイトすれば大丈夫じゃない?

漫才師で稼げないから生活保護とか言い出すんじゃない??

そんなに、稼げない仕事ってことは向いてないってこと。それか準備中。でも、それで生ずる不利益はその選択をした自分で被るべき。ちゃんとした暮らしがしたいなら、違う仕事で稼ぐべき。夢を追いたいなら、貧困でも我慢するか、忙しくても掛け持ちして、自分の分くらい稼ぐべき。

仕事ができない人ならしょうがなくても、選り好んでお金ないって、どんだけわがままなの?

それに、夫が働けなくなった人もいたけど、奥さん働いてなかった。なんで???

働かなくていいなら、誰も働かないよ。

一世帯当たり、年間八万円は生活保護費を負担しているらしい。

当初の目的は良かったかも知れないが、今の制度の抜け穴で、働けば人のお金に頼らず生きていける人が、堂々とぬけぬけと受給しているのはおかしいと思う。病気とか怪我で無理な人は全然支援してていい。でも、そうじゃない人がいっぱいいそう。

そして、そういう人は「制度上おかしくない」とか堂々と言うべきじゃない。間違ってるか否かで言ったら、当然間違ってるだろう。

働きたくても働けない人の為の制度であって、お金がない人は全員救うとかいう制度ではないよ。